危機管理 Blog イメージ画像

更新情報

危機管理業務部 主任研究員 須田 俊彦  東日本大震災が発生した2011年(平成23年)3月11日、私は仙台駐屯地に勤務していた。約3分以上の長く猛烈な揺れの中、2階の執務室から命からがらグランドに避難した。目の前でガラスが割れて、庁舎の柱が損傷して傾い
『東日本大震災から10年を経過して』の画像

危機管理業務部 主任研究員 椿山 巖  令和元年東日本台風と命名された昨年10月の台風19号は、関東地方や甲信地方、東北地方で記録的な大雨を降らせ、国管理河川で12箇所、県管理河川で128箇所の堤防決壊が発生(令和2年1月現在)しました。この台風は、自治体の災害対
『広域避難について考える』の画像

危機管理業務部 主任研究員 椿山 巖  新型コロナウィルスが、世界中に感染を広げ、各国で多くの死者を出しています。日本では、1月中旬頃からマスクが品薄となり、価格が高騰、4月にはアベノマスクの回収という情けない事態に至りました。また、中国の工場閉鎖の噂に
『災害時の消費者トラブルについて考える』の画像

危機管理業務部 危機管理二課長 松田 拓也  国民保護措置を自治体職員に理解させるためには、国民保護研修会を企画すると良いでしょう。  様々な自治体で研修を行ってきましたが、国民保護研修は講義と実習(検討会)の2段階で構成すると、より理解が深まりやすいと感
『国民保護訓練の企画(2)国民保護研修の手法』の画像

危機管理業務部長 澤野 一雄  令和2年1月頃からコロナ感染症が蔓延・拡大し、その勢いが止まる気配もなく、令和3年になっても、感染者、特に重傷者が増加しています。専門家は、このまま放置すれば、感染爆発の恐れがあり、医療崩壊の危機であると指摘しています。ま
『コロナ禍に思う』の画像

危機管理業務部長 澤野 一雄  新年明けましておめでとうございます。  輝かしい新年を、ご家族ともども迎えられたこととお慶び申し上げます。  また、年末年始期間を災害や危機事態対応の初動要員として過ごされた皆様やコロナ感染症患者のお世話に従事された医療関係
『謹賀新年!』の画像

株式会社総合防災ソリューション 代表取締役社長 菊地 政已  令和2年(2020年)も年の瀬となりましたが、皆さんはこの一年どのように過ごされましたでしょうか。  昨年末、中国武漢市において発生した新型コロナウイルスに関連した感染症は世界中に感染が広まり、
『令和2年(2020年)結びのご挨拶』の画像

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  「防災」とは、災害の未然防止、被害の拡大防止、災害の復旧(復興)の3つをいいますが、最後の復旧・復興についてはどうしても「民」よりも国や自治体など「官」がするものというイメージがあります。また、復旧・復興は災害が
『先人の教えА攤能】『日本人は如何に災害と付き合ってきたのか』』の画像

危機管理業務部 危機管理二課長 松田 拓也  近年、台風や地震など、大規模な災害が増えてきたように感じます。  一方で、自治体は人為的な災害にどのように備えているでしょうか。  数年に一度発生する地震や毎年訪れる台風などの自然災害とは違い、戦争のような状態
『国民保護訓練の企画(1)国民保護研修の意義』の画像

企画総務部  この度、弊社が執筆した書籍「防災・危機管理研修・訓練のノウハウ」が出版されました。  本書は、自治体職員や地域のリーダーを主な対象として、研修・訓練の企画・運営のやり方や研修・訓練の計画等について一例を示し、自治体や自主防災組織等が自前で研修
『出版書籍「防災・危機管理研修・訓練のノウハウ」のご紹介』の画像

↑このページのトップヘ