危機管理 Blog イメージ画像

記事一覧

危機管理業務部 主任研究員 菊池 政己  私は、平成21年8月に自衛隊を定年退職し、某自治体の危機管理室参事として勤務することになりました。  私に与えられた任務の一つに、職員に対する研修(教育)の企画及び実施業務がありました。具体的には、私が自衛官時代に
『自治体職員訓練−継続は力なり−』の画像

危機管理業務部 主任研究員 井坂 敏之  私の回では、「日常生活において危機管理の視点を持つことの重要性」をテーマに考えてみたいと思います。  今回は、電車での帰宅途中に駅において遭遇した出来事をご紹介します。 < 駅ホームに停車する電車のイメージ >  こ
『危機は、いつでも、どこにでも(その1)』の画像

危機管理業務部 主任研究員 前之園 敏雄  平成23年3月11日、14時46分頃、突然の大きな揺れにグループホームのリビングで壁につかまりながら、『立たないで!大丈夫だから!』と認知症の入所者様に声をかけつつ、天井を見上げていたのを記憶しています。  地震
『今、再び、危機管理の世界へ(介護現場からのUターン)』の画像

危機管理業務部 主任研究員 秋山 隆雄  弊社は、これまでに300件を超える自治体等の防災図上訓練等をご支援して参りましたが、私も入社以降、複数の自治体等の訓練支援に携わることができました。  東日本大震災という大規模震災が発生し、その後も各地で頻繁に地震
『防災図上訓練における地図の有効活用等について』の画像

取締役(危機管理業務担当) 山本 忠雄  「防災の主流化」という言葉を目にした。私にとっては初めて見る言葉である。違和感を覚えたのでネットで検索してみた。  財団法人国土技術研究センターの河川政策グループ研究主幹の園田敏宏さんが、「JICE REPORT vol.22/2
『「防災の主流化」ってなぁに?』の画像

危機管理業務部 主任研究員 福島 聡明 ※「避難所の開設・運営等に係る重要事項について考える(その2)」のつづき。  「その2」は、2012年11月12日付の記事を参照ください。  今回は、「避難所に必要な施設」についてです。 1 施設の配置(レイアウト)
『避難所の開設・運営等に係る重要事項について考える(その3)』の画像

危機管理業務部 主任研究員 松並 栄治  私は、支援業務の一環として、平成25年3月に初めて「災害エスノグラフィーの聞取り調査」に参加しました。  災害エスノグラフィーとは、民俗学、文化人類学で、異文化を科学的に記述するエスノグラフィー(エスノ:民族、グラ
『災害エスノグラフィーの聞取り調査に参加して』の画像

危機管理業務部 研究員 齋藤 芳  3月下旬、内閣官房のインフルエンザ対策室で、厚生労働省が主体となり、「鳥インフルエンザの人体感染に係る対応訓練」が実施され、私も支援要員として参加してきました。インフルエンザの追加感染事例は今後ますます増える可能性が考え
『鳥インフルエンザに関する韓国語』の画像

危機管理業務部 主任研究員 山之内 裕 ※「東日本大震災で避難所生活を体験して…(その3)」のつづき。  「その3」は、2012年11月19日付の記事を参照ください。 【時の経過をひたすら待つ…】  避難所二日目のお昼に近隣の方々の心のこもった手作りの「お
『東日本大震災で避難所生活を体験して…(その4)』の画像

危機管理業務部 主任研究員 椿山 巖 ※「住民避難シリーズNo.3」のつづき。  「No.3」は、2014年3月28日付の記事を参照ください。  災害時において「住民避難」は、とても重要なテーマの1つです。「いかに住民を避難させるか」は、「いかに被害を軽減する
『住民避難シリーズNo.4「洪水予報」』の画像

↑このページのトップヘ