代表取締役社長
山本 忠雄

 平成28年4月14日(木)21時26分、熊本県益城町を震源とするマグニチュード(M)6.5の地震が発生、さらに16日にはM7.3、最大震度7のさらに大きな地震が発生し、被害を拡大させました。
 このたびの地震で被災された方々に、心からお見舞い申し上げるとともに、被災地の一日も早い復旧をお祈りいたします。

 弊社としては今回の地震発生にあたり、主として熊本県を対象に、発災直後の被災地の現状等に関する調査及び資料収集、また、被災自治体等の災害対策本部活動や避難所等での被災者支援の実態などを把握し、そこから得られた課題及び教訓等を今後の防災・危機管理コンサルティング業務に反映させるため、4日間にわたり「現地調査」を実施いたしました。
 今回から複数回にわたり、この現地調査の結果について、ご紹介して参ります。
 なお、この中でご紹介する内容(現状、数値等)は、あくまでも現地調査を実施した時点での内容であり、最新の情報とは異なる部分がございますので、あらかじめご了承ください。
no title
< 地震により倒壊した熊本大神宮 >


 はじめに                                     
 平成28年4月14日(木)21時26分、熊本県益城町を震源とするマグニチュード(M)6.5の地震(「平成28年(2016年)熊本地震」、以下「熊本地震」と言う。)が発生し、家屋倒壊や土砂崩れなどの大きな被害が出て、その後も比較的大きな揺れが続いたものの、気象庁も誰も彼もこれが本震で、この後は収まっていくものと考えていた。しかし、16日にはM7.3、最大震度7のさらに大きな地震が発生し、被害を拡大させた。
 この熊本地震は、
 ‖翩等の風水害常襲地域での直下型大地震であること
 △海譴泙任領磴鯤い掘∩或未繁椰未大きな規模で連続して発生したこと
 M梢未長期間、頻繁に発生していること

に加え、
 と鏈卉楼茲鯔宿雨が連続して襲い、浸水・土砂崩れ等の二次災害を誘発していること
など、これまでとは違った容貌(かお)で我々に対応を迫っている。
 これまで台風等の風水害への備えを専らとしてきたと思われる熊本県や県内の市町村は、まさに備えの虚を衝かれた形になり、災害対策本部の開設、初動対応、避難所の開設・運営、救援物資の受入れ・配分などの、各種災害応急対策が円滑・適切になされていないということが盛んに報道されていた。
 そんな中で、東日本大震災の時のように、社として「直下地震の被害の様相と自治体の災害対策本部の活動や避難所等での被災者支援の状況などについて現地調査を行い、今後の防災・危機管理支援業務に役立たせる(ひいては、自治体等における防災・危機管理体制の整備・向上等に寄与する)べき」との声が早くから上がっていたことを受け、私(山本)以下3名(他は、主任研究員の澤野、研究員の齋藤の2名)が調査団として派遣されることになった。
 我々は、被災地で食料や水がなくても耐えられるよう3日分くらいの非常用糧食や水を持ち、4月24日朝に羽田空港から熊本空港に移動し、熊本空港でレンタカーを調達し、辛うじて予約することができた南阿蘇村のペンションなどを拠点に、以下のような予定で調査を実施するよう計画を立てた。

24日 午後:熊本県庁と市内の避難所
25日 午前:南阿蘇村の土砂災害現場、午後:益城町役場と避難所
26日 宇土市役所と熊本市役所
27日 福岡空港へ移動、帰京


 熊本地震が発生した当初、「まさか、ここで、こんなに大きな地震が起きるとは考えもしなかった」というような、いわゆる「想定外」であったことが強調された。私もまた、日頃の自治体の職員などの研修では、「我が国は約2,000もの活断層があり、いつでもどこでも地震が起こりうる」と講義していながら、「まさか熊本で!!」と思った一人である。地震災害への備えが十分でなかったに違いない被災地の現状とはどんなものなのか、自治体や住民はどのような対応をしているのか。それをこの目で見て、感じたことをできるだけ多くの人に伝えなくてはならない−そんな思いを抱きながら東京を発った。
 以下、その現地調査の概要を紹介する。

 4月24日(日)                                 
 09:30 羽田空港                              
 搭乗口に到着すると、想像していたよりも多くの人が搭乗を待っていた。その中にDMATの服装をした若い男性3名がいた。話しかけたいという気持ちはあったが、結局やめた。彼らはどこに配置されるのだろうか?
 我々3人が熊本に着いてからのことなどを話していると、後ろの席から60歳代と思われる女性が話しかけてきた。社の防災服を着ていたので熊本の支援に行くものと思ったようである。被災地の調査に行く旨を伝え、事情を尋ねると、熊本から東京の娘さんを訪ねてきていたところ地震のために帰れなくなり、千葉の娘さんの所に泊まったりしていたとのことであった。熊本の家のことなどを大変心配しておられたが、無事であったのかどうか。そこで飛行機を待っていたその他の人達もそのような事情を抱えているのだろうかと思うと、気の毒でやるせない気持ちがした。

 12:00頃 熊本空港着                            
 飛行機の出発が少し遅れたことから、熊本空港にも10分程度遅れて到着した。着いた人々はどこか、一歩でも早く出ようと焦っているように感じられた。預けた荷物を受け取って出口に行くと沢山の人が出迎えに来ており、着いた人との再会を喜んでいた。ターミナル搭乗口などには損傷の跡があり、また、トイレの使用箇所にも制限があったが、ここは思ったよりも被害が大きくないように感じられた。
1P-1
< 天井が損傷した熊本空港の搭乗口付近 >

 空港のターミナルからレンタカーの営業所までは距離があるため、レンタカー会社の迎えの車で移動したが、その車中でレンタカー会社の社員の方と話をしたところ、以下のような事が分かった。
‖臠召亙_など?からの応援部隊。熊本の社員は被災していることから福岡から交代で派遣されて来て
 いる
∧_から熊本までの車での所要時間は3時間程度
今回の地震の影響で、営業所の傍の杉林が電柱とともに道路側に傾いた

 なるほど、側溝を挟んで道路側の一列の杉林が傾いている。長年強風に晒された木々が傾いているのは
 以前に何度か見たことはあったが、林全体が傾いていないということは、電柱と杉林一列の部分の地盤
 が動いたということなのだろう。
1P-2
< 電柱とともに道路側に傾いたレンタカー営業所傍の杉林 >


 13:00頃 熊本空港から熊本県庁                       
 空港から県庁までは、陸上自衛隊の健軍駐屯地を通るルートで移動した。健軍駐屯地までの間では被害らしき様子は見かけなかったが、駐屯地正門前の通りでは、建物の玄関が壊れていたのをはじめ、道路の両脇にガレキが積んであるなど所々で建物が被害を受けているのが見られるようになった。また、県庁近くの墓地の墓石が倒れているのも見えた。
2P
< 損壊したショーウインドウをブルーシートで覆った建物 >

 県庁の駐車場への入口を探して車で走っている時には、熊本市上下水道局の庁舎付近で「堺市下水道」の表記を付けた男性数人が歩いているのを見かけ、各地から応援職員が駆けつけて復旧活動をしていることが窺えた。
 県庁の駐車場に着くと、警備員の方が無料で使用できると言って誘導してくれた。我々が防災服にヘルメット、車には「調査中」の表示をしていたので災害関係者であると理解して対応してくれたようである。出発前に、被災地に行ってから怪しまれないように「調査」の腕章を装着することを思いつき、齋藤に準備をしてくれるよう頼んだが、彼はさらに気を利かせて、車のウインドー用の表示も準備していたのである。これがその後も大きな効果を発揮し、色々な所に半ば自由に入り、視察することができた。

 次回に続く。