危機管理業務部 主任研究員
 三宅 丈也

 前回、「先人の教え」ということで、津波被害の教訓を残す石碑等についてご紹介しましたが、今回は、自然災害に関連した「地名」についてご紹介したいと思います。

 日本全国には様々な地名がありますが、一説には7万種類もあるとも言われています。しかし、誰が数えたのでしょうか、そちらの方が気になります。
 地名の命名経緯については、原始・縄文の頃の言葉、アイヌ語に起因するものや、自然災害、地形の形状、動・植物等に起因するもの、全くの人造語など様々ですが、中には、既にその命名の経緯が忘れ去られているものも数多くあります。また、地名は時を経るにつれ少しずつ変わっていく場合があります。古く忌み嫌われた名前から新しく現代的な名前に変わったりする場合や統廃合などの行政的理由による場合などです。
 こうした中、自然災害や地形の形状から付けられた「地名」は、ある意味、自然災害への戒め、警告、メッセージであり、これも石碑等と同様に「先人の教え」とも言えます。

 例えば、「」に関するや、などが使われた地名は、水に関わりがあり、海岸線や川の近く、低地、湿地帯などを表わしていて、過去に津波被害や台風、豪雨などによる大きな災害があった地域と考えられます。
 また、などが使われている地名には、過去に大規模な土砂災害が発生しているケースが多く、特に蛇抜蛇崩などの地名は、土砂が流れていく様を表しているとされます。増水時に川が蛇行して荒れていく様を、空想上のに見立てて地名としている場所も全国に見られます。

 ここで気を付けなければならないのは、「地名」に込められたメッセージは使われる文字そのものではなく、その「読み」に本来の意味がある場合があることで、全く別の漢字が当てられている場合があります。
 例えば、の読み:ウシは「憂し」という古代語の意味を持っていて、不安定な土地を表し、過去の地すべり崩壊地や洪水の氾濫地、津波の常襲地域に名付けられた場合があります。
 の読み:サルは「ズレル」の意味を持ち、崖状の地すべり地、滑った土地の溜まり場の意味を持っています。
 また、の読み:タカは「滝」の意味を持ち、急傾斜地・崩壊危険区域を示します。
 更に、の読み:ウメは「埋める」の意味を持ち、埋立地であったこと、土砂崩れの土で埋まった所を示しています。
 の読み:クリは刳る(えぐる、穴を開ける)の意味を持ち、同様にクルクレクロの読みを持つ久留などの地名は、土地の浸食や崩壊地を示しています。
 の読み:カキは「欠ける」という意味で、崩壊地の意味を持っています。
 また、カミカメカマカモなどの読みを持つ上、加茂などは、古語の「噛む」「削れて土地がなくなる」の意味を持ち、浸食・崩壊地域洪水や津波などの自然災害が起きた場所を示している場合があります。
 いずれもそれぞれの土地で、いくつもの説が唱えられている場合がありますので、その土地の過去の災害事例と合わせて調べてみることが必要です。
(参考:政府広報オンライン「防災」)
三宅_No.03_南阿蘇栃木集落
【 土砂災害が発生した場所では、その危険性を示す「地名」が付けられているかも!? 】

 昨今の大規模な自然災害が起こった地域について、現代名ではなく「古い地名」を紐解いてみると、意外に昔から災害上、気を付けるべき地域であったことなどが分かることがあります。

 例えば、広島県広島市安佐南区、安佐北区等で平成26年8月に起きた大規模な土砂災害ですが、「まさ土(花崗岩が風化し生成)」と呼ばれる脆い土質で覆われている地域に、最大で1時間に120mmの猛烈な雨が降り続いたため、表層雪崩的に崩壊したものです。この中で被害の大きかった八木地区は、崖崩れ等の警戒区域の指定外でした。
 また、この地域は、古い地名で「蛇落地悪谷(じゃらくじあしだに)」と呼ばれていたらしく、時を経るにつれ「八木上楽地芦屋」、さらに現在の「八木」へと変わったと言われています。「蛇」の文字が付いた地名は、前述したように、過去に大規模な土砂災害が発生しているケースが多く、「蛇落地」は蛇が地に落ちる様であり「悪谷」と続くことで、土石流が激しく流れ落ちるような土砂災害を表し、それが度々起きる危険な谷地とでもいう意味なのでしょう。
 しかしながら、時間の経過とともに幾世代も代替わりし、開発も進む中で、地名も忌み嫌われる名前から新しく現代的な名前へと移り変わってきたため、その警鐘が断絶し、危険性が伝わらなくなり、今回の被害拡大に繋がったと言えます。前述したように、八木地区は土砂災害の指定外とされ、ハザードマップにも危険性が記載されていなかった地域ですが、先人は私たち子孫に「地名」で警告を発していたのです。まさに「先人の教え」であり、頭が垂れる思いです。

 また、平成27年9月の茨城県常総市における水害は、記録的な大雨のため鬼怒川の堤防が約200mにわたって決壊して住宅地に溢水、常総市の約1/3となる約40㎢が浸水しました。そして、国土交通省関東地方整備局を始めとした排水ポンプの活躍等もあり約10日後には浸水は概ね解消されました。もともとあった自然堤防が減少したこと、浸水した地域のほとんどが低地であったことや、昔、この地が広範な水田であったため、粘土質からなる鋤床層が残って水の吸収がなかなか進まなかったことも一因と考えられます。
 なお、この地域は、2006年までは「水海道(みつかいどう)」という地名でした。平安の昔、坂上田村麻呂将軍がこの地で馬に水を飲ませた(水飼戸:ミツカヘト)ことの故事に由来するとの一説もあります。水害の際、テレビ画像に(救出活動と思われますが、)古い木造船が映ったことがありました。これは「上げ舟」と呼ばれる、昔から水害の多い地域に農家等が家の軒先に舟を上げて保管する風習があったようですので、それであった可能性もあります。このことからも、昔から水害の多くあった場所であるとわかります。また、名前からも「」や「」という文字は、もともと川の近く、低地、湿地帯などを表わしていることから、この地域では古くから河川の氾濫などがあったのでしょう。

 ところで、これまで気を付けるべき「地名」ばかりをご紹介してきましたが、良い意味での「地名」もあります。
 例えば、高地を表すなどや、高いことを表す傾斜を示すなど、更に、水はけの良いなどが良い「地名」とされます。

 東日本大震災の後、関東地方でも「液状化」問題が話題となりましたが、その後、自分たちが住んでいる地域の地盤について関心・注目が集まって、地域の古地図を調べるなどの動きが出てきました。
 私の家は千葉にあるのですが、液状化のあった浦安市、幕張地域などは殆どが埋め立て地ですので容易に想像がつきますが、習志野市の内陸部地域でも数多くの液状化が見られたことに困惑したことを覚えています。しかし、古地図で確認をすると、昔は池や沼などのあった場所とほぼ照合できたことには驚きました。

 自治体ではハザードマップを作成・配布して、地域住民にその地域の様々な自然災害の危険を注意喚起してくれますが、その上に自分たちの住む地域、出来れば、やや拡げた範囲について「先人の教え」でもある古い地名(古い地名から新しい地名に変更している場合が多々あるため)を調査して知っておくことは危機管理上さらに有効でしょう。ご家族で、近所を歩いて古い神社仏閣を探してその由緒などを調べてまわるとか、図書館で地域に関わる古文書を紐解くとか、土地の古老に話を聴いてみるなどすれば、意外と地域の「古い地名」が得られるかもしれません。古い「地名」を知るとともにハザードマップを活用することによって、地域に内在する自然災害の危険を予知(予測)することができるとともに、対応策を考えることもできると思います。是非ともご家族で行動してみてはいかがでしょうか。そうすることによって、貴方のご家族の危機管理が格段に向上することは間違いありません。また、健康管理、家族円満にも大きな効果が期待できるのではと思いますので、お勧めします。