危機管理業務部 危機管理一課長
 松並 栄治


 災害から自らの命を守るためには、気象や避難に関する情報を入手し、避難のタイミングを知り、避難先や避難経路を知り、スムーズに避難することが重要です。
 国では、その情報を記入し、身近な所に貼っておき、いざという時に活用するという「災害・避難カード」の作成を推奨しています。
 自然災害による被害を少なくするためには、住民自身による適時適切な避難が極めて重要になります。避難のタイミング、避難すべき場所や避難経路等をあらかじめ認識しておくための仕組みとして「災害・避難カード」を作成するというものです。
 災害避難カードの種類としては、
  ヽ匿佑慮朕余霾鵑魑した名刺タイプ(携帯可能なサイズ)の災害・避難カード
  避難場所や避難ルートを記したマップ形式の災害・避難カード
  H鯑餽堝阿離織ぅ爛薀ぅ鵑魑した災害・避難カード
 等があり、どのような災害・避難カードを作成するかは、地域や家庭・個人の特性により違ってくるということになります。
 ヽ匿佑慮朕余霾鵑魑した名刺タイプ(携帯可能なサイズ)の災害・避難カードでは、
 *個人情報
  名前、性別、血液型、生年月日、住所、電話番号、家族の人数、持病・常用薬、病院の電話番号
 *緊急連絡先
  家族(頼りになる人)、気になる人(近所の高齢者)の連絡先
 *非常時持出品リスト
  事前に準備、避難時の持出品
 *情報資料
  災害情報の入手先・入手の手順
  災害用伝言ダイヤル・伝言板
 等を記入します。

 避難場所や避難ルートを記したマップ形式の災害・避難カードでは、
 *避難場所・経路
 *危険箇所(浸水想定区域等)
 *過去の災害
 *避難時の留意点
 等を記入します。

 H鯑餽堝阿離織ぅ爛薀ぅ鵑魑した災害・避難カードでは、
 *避難行動のタイムライン、避難の合図・タイミング
 *どのように避難(避難所の開錠、要支援者の訪問・避難確認・避難支援、避難終了報告)
 等を記入します。
 情報の入手先の欄では、カードに入手先のQRコードを印刷しておき、スマホですぐに情報入手できる準備をしておくこともできます。
 今回は、「災害・避難カード」がどういう物かについて説明しましたが、次回は作成の仕方について説明します。

 参照:災害・避難カード事例集【内閣府(防災担当)】