危機管理業務部 危機管理一課長
 松並 栄治


 その1では、「災害・避難カード」がどういう物かについて説明しましたが、今回は作成の仕方について、下記の流れで説明します。
 ステップ1:取組の進め方を確認する。
 ステップ2:身のまわりにどんな災害リスクがあるか考える。
 ステップ3:実際にまち歩きをして確認してみる。
 ステップ4:「災害・避難カード」を作る。
 ステップ5:「災害・避難カード」を使って避難訓練を実施する。

ステップ1:取組の進め方を確認する。
 *災害・避難カードのアウトプットや進め方(スケジュール)について意見交換
 *自治体の防災の取組・体制及び自治会・町内会で抱える防災対策上の課題について共有化
 *自治体・町内会参加者の参集要領について意見交換
 *気象台等の防災関係機関、大学等の学識経験者の参加について調整

ステップ2:身のまわりにどんな災害リスクがあるか考える。
 *過去の災害発生状況、自治体が保有する災害発生時の被害想定・ハザードマップ、土砂災害警戒
 区域等指定状況等により、地域の正しい災害リスクを知る。
 *タイムラインに沿って、どのような状態になったら、どのような情報が発令されるのか、その時
 どのような行動をとるべきかを知る。
 *災害が発生する恐れがある又は発生した時の防災情報の入手方法を確認する。
 *災害が発生した地域はどうなるのか、どのような特徴があるのかを知る。
 *上記を踏まえた地域住民による意見交換を実施する。

ステップ3:実際にまち歩きをして確認してみる。
 *土砂災害の危険がある箇所(急な斜面・がけ)、災害の時に危険な場所(狭い路地、倒壊の危険
 がある建物、海岸・河川・用水路)を地図に記入
 *指定避難所や指定緊急避難場所、消防署、病院等の災害時に頼りになる施設を地図に記入
 *指定避難所や指定緊急避難場所等への避難経路を記入するとともに、緊急的な退避場所や屋内確
 保行動を確認
 *まち歩きの前の図上確認の結果を踏まえて、地域の危険箇所、指定避難所や指定緊急避難場所、
 避難経路を確認
 *気が付いた点を地図に記入した上で、避難場所や避難経路を確認

ステップ4:「災害・避難カード」を作る。
 まち歩きで確認した内容、災害時に提供される情報をもとに、各自がどのタイミングで、どこに、どの経路で避難するのか、経路上にはどのような災害リスクがあるのかを検討

ステップ5:「災害・避難カード」を使って避難訓練を実施する。
 *地区内の防災行政無線や個別受信機による避難に関する情報(避難準備・高齢者等避難開始、避
 難勧告、避難指示の発令)の放送に従い、災害・避難カードに各自が記載した内容に基づいて、避
 難訓練を実施する。
 *大学等の学識経験者の参加を得て、地域の危険箇所についての診断を受ける。
 *避難場所到着後、地図等を用いて、避難路の選定、危険箇所、避難場所や避難行動要支援者の支
 援の確認等のふり返りを実施する。
  その祭、大学等の学識経験者の参加を得て、地域の危険箇所についての診断を受けた場合は、そ
 の結果について所見をいただく。

参照:災害・避難カード事例集【内閣府(防災担当)】