危機管理 Blog イメージ画像

危機管理

危機管理業務部 研究員 在原 真次  いざ大災害が起こった場合、色々な場面や状況に対して、皆さんはどのように行動しますか。防災を専門とする方や、日ごろから防災に関心のある方はそれなりに心構えや防災用品の準備をしていると思いますが、大多数の方々は日ごろから
『防災ハンドブックが面白い!』の画像

危機管理業務部 主任研究員 須田 俊彦  令和元年度から、防災・危機管理教育の課目「防災訓練計画作成」を担任し、全国各地の駐屯地などで教育を実施した。  私も、定年退職の4か月前に、平成24年度後期防災・危機管理教育(H24.11.12〜12.7)を海上自衛隊下総基地で
『防災・危機管理教育について』の画像

危機管理業務部 危機管理一課長 松並 栄治  皆さんは、災害が発生した時の状態を念頭に置いて、自分の住んでいる町を歩いたことがありますか。普段、自分の健康管理の観点からウォーキングして町を歩き回っている人は多いと思いますが、災害発生の観点から町歩きをして
『住んでいる町の災害リスクを知る(防災マップの作成)』の画像

危機管理業務部 危機管理一課長 松並 栄治  その1では、「災害・避難カード」がどういう物かについて説明しましたが、今回は作成の仕方について、下記の流れで説明します。  ステップ1:取組の進め方を確認する。  ステップ2:身のまわりにどんな災害リスクがある

危機管理業務部 危機管理一課長 松並 栄治  災害から自らの命を守るためには、気象や避難に関する情報を入手し、避難のタイミングを知り、避難先や避難経路を知り、スムーズに避難することが重要です。  国では、その情報を記入し、身近な所に貼っておき、いざという時

危機管理業務部 危機管理一課長 松並 栄治  皆さんは「防災4.0」という言葉を知っていますか。  過去の大災害とその後の取組を ①1959 年(昭和34 年)の伊勢湾台風:「防災1.0」 ②1995 年(平 成7年)の阪神・淡路大震災:「防災2.0」 ③2011 年(平成23 年)

危機管理業務部 主任研究員 坂上 栄一  弊社は、昨年度、内閣府の平成30年度地震・津波防災訓練等業務委託を受け、私は、静岡県伊豆市の担当を命ぜられました。その際、特に印象として残ったことは、津波避難時の誘導手段をどうしたらよいかということでした。  東日
『津波避難時の誘導手段について』の画像

危機管理業務部 危機管理二課長 松田 拓也  前回の記事「初めての原子力防災」そして「初めての原子力防災(情報伝達要領の確立)」では、原子力防災は情報提供が上手く出来るかが重要なポイントであり、適切な情報伝達方法を確立することが重要であるということを書き
『初めての原子力防災(伝達手段の特徴)』の画像

危機管理業務部 主任研究員 岩澤 央夫  平成23年3月11日、東京電力福島第一原子力発電所は、東北地方太平洋沖地震とこれに伴う津波に被災し、極めて重大で広範囲に及ぼす原子力事故が発生しました。      この事故後、万が一、原子力施設で事故が発生し、原子
『放射線を「正しく恐れる」』の画像

危機管理業務部 研究員 在原 真次  私事ですが、趣味でよく博物館や動物園を巡っています。昨今の博物館などは、難しい事柄をただ展示しているだけでなく、「体験型」を重視しているように感じます。  少し古い事例ですと、旭川動物園の行動展示、しながわ水族館のトン
『「体験型防災センター」が面白い!』の画像

↑このページのトップヘ