危機管理 Blog イメージ画像

企業(会社)・上司

取締役 下川邊 哲三  災害や危機事案の発生時においては、「初動対応の重要性」がよく論じられます。  対応の遅れ、整合性・一貫性のない対応あるいは発言は、かえって問題(被害)を大きくし、信頼性を損なうものであり、いかに速やかに、正確な情報を、明瞭に伝えるか
『アメフト悪質タックル問題から「災害時広報」について考える』の画像

危機管理業務部 主任研究員 清水 信雄 ※「先輩の教え(その3)」のつづき。  「その3」は、2015年8月24日付の記事を参照ください。  今回も、前回に引き続き「先輩の教え(その4)「大切な地図と危機管理③」」と題して、地図の活用に関するお話をご紹介し
『先輩の教え(その4)「大切な地図と危機管理」』の画像

※危機管理産業展(RISCONTOKYO)2015は終了しました。  多数の皆様のご来展、誠にありがとうございました。  なお、今回ご来展いただき、訓練・研修支援等、弊社の事業内容及び提供サービス(取扱商品)等に関するご質問等がございましたら、以下までお気軽にご質問・お
『『危機管理産業展(RISCONTOKYO)2015』出展のご案内』の画像

危機管理業務部 主任研究員 清水 信雄 ※「先輩の教え(その2)「大切な地図と危機管理①」」のつづき。  「その2」は、2015年3月30日付の記事を参照ください。  今回も、前回に引き続き「先輩の教え(その3)「大切な地図と危機管理②」」と題して、地図の
『先輩の教え(その3)「大切な地図と危機管理◆廖戮硫菫

危機管理業務部 研究員 清水 信雄 ※「先輩の教え(その1)「鉛筆の削り方と危機管理」」のつづき。  「その1」は、2015年2月16日付の記事を参照ください。  前回は、「先輩の教え(その1)「鉛筆の削り方と危機管理」」というお話をさせていただきました。
『先輩の教え(その2)「大切な地図と危機管理 廖戮硫菫

危機管理業務部 研究員 清水 信雄  皆様、はじめまして。平成27年の年明けと同時に入社致しました研究員の清水信雄と申します。どうぞ宜しくお願い申し上げます。  私は、これまで諸先輩方から、仕事を行う上での「基本・基礎」とも言うべき多くの事を、様々な場面や
『先輩の教え(その1)「鉛筆の削り方と危機管理」』の画像

危機管理業務部 研究員 見乗 利一  今年は阪神・淡路大震災から20年という節目の年です。  阪神・淡路大震災が発生した後も大きな災害が頻繁し、今また南海トラフ巨大地震や首都直下地震に対する警戒の必要性が叫ばれています。  阪神・淡路大震災の発生は早朝でした
『大地震に遭遇したら(防災への備えを始めよう)』の画像

※危機管理産業展(RISCONTOKYO)2014は終了しました。  多数の皆様のご来展、誠にありがとうございました。  なお、今回ご来展いただき、訓練・研修支援等、弊社の事業内容及び提供サービス(取扱商品)等に関するご質問等がございましたら、以下までお気軽にご質問・お
『『危機管理産業展(RISCONTOKYO)2014』出展のご案内』の画像

※危機管理産業展(RISCONTOKYO)2013は終了しました。  多数の皆様のご来展、誠にありがとうございました。  なお、今回ご来展頂き、弊社の事業内容及び提供サービス(取扱商品)等に関するご質問等がございましたら、以下までお気軽にご質問・お問い合わせください。 【
『『危機管理産業展(RISCONTOKYO)2013』出展のご案内』の画像

※危機管理産業展(RISCONTOKYO)2012は終了しました。  多数の皆様のご来展、誠にありがとうございました。  なお、今回ご来展頂き、弊社の事業内容及び提供サービス(取扱商品)等に関するご質問等がございましたら、以下までお気軽にご質問・お問い合わせください。 【
『『危機管理産業展(RISCONTOKYO)2012』出展のご案内』の画像

↑このページのトップヘ