危機管理 Blog イメージ画像

風水害

危機管理業務部 主任研究員 大木 健司 ※「災害から逃れるために(その1)」のつづき。  「その1」は、2017年2月6日付の記事を参照ください。  前回に引き続き、災害から逃れる方法について考えてみます。  前回述べた水害や土砂災害のように、梅雨や台風な
『災害から逃れるために(その2)』の画像

危機管理業務部 主任研究員 大木 健司  私の住んでいる埼玉県A市は、過去に大きな災害に見舞われたことのない所です。ですから、災害に対する備えと言ってもなかなか実感が湧きません(そうは言っても、防災・危機管理に携わっている身ですので、家具の転倒防止処置や非
『災害から逃れるために(その1)』の画像

代表取締役社長 山本 忠雄 ※「「平成28年熊本地震」現地調査レポート〜被災地で「備え」について考えたこと〜(その10)」  のつづき。「その10」は、2016年10月24日付の記事を参照ください。  平成28年4月27日(水)   南阿蘇〜福岡空港〜東京 
『「平成28年熊本地震」現地調査レポート〜被災地で「備え」について考えたこと〜(その11)🈡』の画像

危機管理業務部 主任研究員 清水 信雄 ※「先輩の教え(その3)」のつづき。  「その3」は、2015年8月24日付の記事を参照ください。  今回も、前回に引き続き「先輩の教え(その4)「大切な地図と危機管理③」」と題して、地図の活用に関するお話をご紹介し
『先輩の教え(その4)「大切な地図と危機管理」』の画像

危機管理業務部 主任研究員 松並 栄治  清少納言の「枕草子」、鴨長明の「方丈記」、吉田兼好の「徒然草」は、日本三大随筆と呼ばれています。  随筆とは、言わば日記みたいなものですが、「方丈記」に関しては、他の2冊とは異なる大きな特徴があり、それは、飢饉や地
『方丈記に見る災害記録(その1)』の画像

危機管理業務部 特命研究員 岩崎 健次  最近の気候変動の脅威は、我が国において、大型・急襲的な災害発生となって現れています。  平成26(2014)年8月20日午前3時20分から40分にかけて、広島市安佐北区可部、安佐南区八木・山本・緑井などで、同時多発
『広島土石流災害から学ぶ「武道の心得」』の画像

危機管理業務部 主任研究員 松並 栄治  このところ、夕方近くになって局所的な集中豪雨が頻繁に発生しています。それも、昔の夕立といった生易しいものではない気がします。  一般的には、 ①災害の被災規模が都市のスケールに応じて大きくなる場合 ②都市のあり方その
『都市型災害への備え』の画像

危機管理業務部 主任研究員 前之園 敏雄  早いもので、危機管理の世界に復帰して2年目を迎えております。  このブログに初めて投稿したのがちょうど昨年の今頃だったかと思いますが、今回は、この1年を振り返り、業務等を通じて感じたことなども踏まえ、思い出を綴っ
『危機管理の世界へ復帰して1年、思い出あれこれ!』の画像

危機管理業務部 主任研究員 松並 栄治  2014年3月25日に靖国神社の基準桜が開花し、東京の桜の開花が宣言されました。  満開の桜の下をゆっくり歩く、またはシートを敷いて酒を酌み交わす、この花見のシーズンはゆったりとした気持ちになれる気がします。  「
『桜と防災』の画像

危機管理業務部 主任研究員 椿山 巖 ※「住民避難シリーズNo.6」のつづき。  「No.6」は、2013年11月12日付の記事を参照ください。  災害時において「住民避難」は、とても重要なテーマの1つです。「いかに住民を避難させるか」は、「いかに被害を軽減す
『住民避難シリーズNo.7「被害軽減のために執るべき対策」』の画像

↑このページのトップヘ