危機管理 Blog イメージ画像

更新情報

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  「先人の教え」シリーズは、これまで、前段において①石碑、②地名、③治水・治国、④かわら版、⑤古い神社の場所、⑥文献、⑦復旧・復興について、後段の番外編に入ってからは番外①液状化現象、番外②感染症、番外③大火 を見て
『先人の教え【番外編ぁ曄ヽ特呂忙弔襦峺世づ舛─廖戮硫菫

危機管理業務部長 澤野 一雄  新年明けましておめでとうございます。輝かしい新年を、ご家族ともども迎えられたこととお慶び申し上げます。  また、年末年始期間を災害や危機事態対応の初動要員として過ごされた皆様や新型コロナウイルス感染症患者のお世話に従事された
『謹賀新年!』の画像

株式会社総合防災ソリューション 代表取締役社長 菊地 政已  令和3年(2021年)も年の瀬となりましたが、皆さんはこの一年どのように過ごされましたでしょうか。  一昨年末、中国武漢市において発生した新型コロナウイルスに関連した感染症は世界中に感染が広まり
『令和3年(2021年)結びのご挨拶』の画像

危機管理業務部 主任研究員 安藤 正一  小泉純一郎・元総理が「人生には3つの坂がある」と、つまり、上り坂、下り坂、それに「まさか」という坂があると言ったのは有名ですが、昔から、松下幸之助氏など色々な方が言われていたようです。  そして、実際の大災害が発生
『大災害での被災者の共通した声』の画像

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  火事は冬より春が多いと云われていますが、火事が多くなってくる季節に向かう秋の今こそ、市街地における「大火」について考えてみたいと思います。  歴史上、村や町を焼き尽くす様な大火は数え切れなくありました。ごく最近の例
『先人の教え【番外編】 繰り返される大火への備え』の画像

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  ご承知のとおり、(本記事投稿時点で)緊急事態宣言は全面解除となりましたが、新型コロナウイルス感染症は形を変えつつ引き続き世界中で猛威を振るっており、今では、若者にも重症化を及ぼすと云われるデルタ株が既存のものと入れ
『先人の教え【番外編◆曄愆鏡症との永い闘いに打ち克つ』』の画像

危機管理業務部 主任研究員 坂上 栄一  いつの時代も災害が発生すると、必ず流言・飛語が発生し、ゆっくりと時にはあっという間に庶民に伝わっていきます。この流言・飛語は、最悪の状況では、殺人事件へと発展していきます。歴史をみると、悲劇的な事件を見ることがあり
『災害から生まれる流言・飛語について!』の画像

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  自然災害、特に地震は何時、何処で発生するかは分かりません。そこで、皆さまがお住いになっている一軒家やアパート、マンション等の危機管理について考えてみたいと思います。  皆さまのご家庭では、地震等の災害に対する非常持
『部屋の模様替えと防災』の画像

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也 〇いま求められている新しい訓練の形態  一般的に防災においては、もしも災害が発生した場合を想定してその初動対応などを「疑似体験」できる「(図上、実動)訓練」を行います。そして、自治体等が災害への「備え」として既に作成
『「模擬現場」(仮称)を使った実践的訓練の薦め』の画像

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  平成30年9月6日の未明、北海道で初となる震度7を記録した「平成30年北海道胆振東部地震」が発生しましたが、震源地の胆振地方中東部から離れた札幌市清田区において「液状化現象」によって家屋が傾くなどの被害が多数発生し
『先人の教え【番外編】『液状化現象は昔からあった!?』』の画像

↑このページのトップヘ