危機管理 Blog イメージ画像

更新情報

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  災害が起きた時の対応等をシミュレーションする防災訓練の必要性については、多くの方が異論をお持ちでないものと考えますが、言うは易く行うは難(かた)し、です。  仕事で各都道府県や市町村の様々な防災訓練などの支援をさせて
『防災訓練の工夫・魅力化で住民参加を促進』の画像

危機管理業務部 主任研究員 坂上 栄一  『3』という数字、生活のいろいろな場面に出会います。特に意識もせず、自然に受け入れている妙な感じの数字ですね。最初に東京タワーの秘密をお教えしましょう。  『東京タワーは、昭和33年完成、高さ333m、総工費約30
『災害防災に必要な「3」という数字とは・・・』の画像

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  「災害は忘れた頃にやって来る」と、昔はよく言った気がしますが、最近は「忘れる暇(いとま)もない」というのが正直なところではないでしょうか。様々な大きな自然災害が毎年、毎月のように世界各地で発生しており、昨今の新型コ
『新・先人の教え─愃、災害に遭ったらどうしますか?』』の画像

危機管理業務部 主任研究員 丹羽 浩之 1 防災基本計画の改正   毎年4月末〜5月末頃に中央防災会議が開催され、防災基本計画の改正と当該年度の総合防災訓練大綱の決定が行われます。令年度の中央防災会議は、5月30日に開催されています。   そこで、防災基本

危機管理業務部 主任研究員 大崎 達也  防災訓練をはじめ、防災に関する講習やイベントで必ず取り上げられるのが、いざという時のための普段からの備蓄の重要性です。水、食料等について、一人当たりの一日分の必要量に必要日数をかけて、家庭で備え付けるというもので
『満タン習慣』の画像

危機管理業務部 研究員 在原 真次  「いつ起きるかわからない災害のために、日ごろから防災用品を備えておきましょう」と昨今言われていますが、いつ起きるかわからないのにわざわざ備えておくのって無駄に感じてしまいますが、「日ごろから使っている物を防災備品とし
『レジャーと防災備品』の画像

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  当「先人の教え」シリーズのテーマは、災害の記憶を如何に伝えていくか、です。平成23年3月11日に発生した東日本大震災から半年後の9月、中央防災会議がまとめた報告書『東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)を教訓とした地震
『新・先人の教えА愃匈乙憶の伝承』』の画像

危機管理業務部 主任研究員 井手 正  令和3年度以降、内閣官房と都道府県等が主催する国民保護重点訓練は、武力攻撃予測事態を想定した都道府県を跨る広域かつ長期的避難を主体とした訓練にシフトしました。ここ2年、この訓練をお手伝いさせていただく機会を得ました
『国民保護事案における広域避難に関する一考察』の画像

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  防災について、特にお住まいの地域の防災について、皆さんはとても関心をお持ちの事と思います。そして最新のハザードマップを備えたり、非常持ち出し袋を準備するなどなさっていることでしょう。また自主防災組織に所属したり、
『新・先人の教えΑ惶咾鮖箸辰得菴佑龍気┐鮟Δそ犬瓩襦戞戮硫菫

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  唐突ですが、防災の用語として避難場所とか避難所というものがありますがこの違いをしっかりと説明することができるでしょうか。津波や地震、火災などから命を守るために逃げ込む場所が「避難場所」であり、命が助かった後に生活
『在宅避難という選択肢』の画像

↑このページのトップヘ