危機管理 Blog イメージ画像

更新情報

危機管理業務部 主任研究員 井手 正  令和3年度以降、内閣官房と都道府県等が主催する国民保護重点訓練は、武力攻撃予測事態を想定した都道府県を跨る広域かつ長期的避難を主体とした訓練にシフトしました。ここ2年、この訓練をお手伝いさせていただく機会を得ました
『国民保護事案における広域避難に関する一考察』の画像

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  防災について、特にお住まいの地域の防災について、皆さんはとても関心をお持ちの事と思います。そして最新のハザードマップを備えたり、非常持ち出し袋を準備するなどなさっていることでしょう。また自主防災組織に所属したり、
『新・先人の教えΑ惶咾鮖箸辰得菴佑龍気┐鮟Δそ犬瓩襦戞戮硫菫

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  唐突ですが、防災の用語として避難場所とか避難所というものがありますがこの違いをしっかりと説明することができるでしょうか。津波や地震、火災などから命を守るために逃げ込む場所が「避難場所」であり、命が助かった後に生活
『在宅避難という選択肢』の画像

危機管理業務部 主任研究員 松並 栄治 1 北極域の現状  北極域の夏季海氷面積は、過去35年で約3分の2となり、北極の気温上昇は地球全体の2〜3倍で進展していると言われる。  そのような北極域の状況は、我が国の気象にも影響があり、北極域の海氷減少により、
『北極域研究船について』の画像

危機管理業務部 危機管理二課長 松田 拓也  原子力防災というと東日本大震災やチェルノブイリが連想され、個人の努力では対処のしようがないようなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、原子力防災の基本的考え方を押さえておけば、個人でも対策を考え
『初めての原子力防災(被ばくを少なく)』の画像

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  新シリーズ第5回目となる今回は、「避難」について考えてみたいと思います。   「先人の教え」シリーズ⑦(2020年11月9日掲載)において、火山災害における鎌原(かんばら)村の復興事例を紹介しました。これは浅間山噴火に伴う
『新・先人の教えァ 悗泙再┐欧襦』』の画像

危機管理業務部 主任研究員 三宅 丈也  富士山噴火は、いつあってもおかしくないと言われ続けて既に久しくなってきました。  富士山は、過去数千年の間に100回以上も噴火しているとされ、平安時代の800年と802年の延暦大噴火(日本紀略)や、864年〜866年の貞観大噴火
『新・先人の教えぁ 慄困譴討い泙擦鵑?火山災害を』』の画像

危機管理業務部 主任研究員 坂上 栄一  先日、孫の映像がLINEで飛び込んできました。2歳の女の子、また、おちゃめな映像と楽しみに開いてみると、そこには何やら虫らしきものを「おいしい、おいしい」と言いながら一匹ずつ、つまみながら口へ運んでいる映像でした。よ
『コウロギを食べてみませんか!』の画像

危機管理業務部 危機管理二課長 松田 拓也  「シェイクアウト訓練」というのを聞いたことがあるでしょうか。新しい訓練のやり方として近年世界中で多く行われている訓練です。  これは地震発生時の最初に行う行動として「まず低く、頭を守り、動かない」という安全確保
『初めての原子力防災(屋内退避)』の画像

危機管理業務部長 澤野 一雄  新年明けましておめでとうございます。  輝かしい新年を、ご家族ともども迎えられたこととお慶び申し上げます。  また、年末年始期間を災害や危機事態対応の初動要員として過ごされた皆様や新型コロナウイルス感染症対策に従事された医療関
『謹賀新年!』の画像

↑このページのトップヘ